打开主菜单

日語/文法/助詞助動詞

< 日語

目录

提示助詞[は]编辑

在判斷句中,[は]提示主語

例: これは日本語のテープではありません。

提示助詞[も]编辑

[も]表示兼提,有「也」的意思

例: 土曜日も日曜日も休みです。

接於數量詞之後,表示數量之最(之多或之少),意為「竟有…之多」、「(一個)…也沒有」

例: 一日に、友達が五回も来ました。/一天之中,朋友竟來了五次之多。(之多)
   部屋には一人ひとりもいません。/房間裡一個人也沒有。(之少)

助詞[が]编辑

主格助詞[が]编辑

[が]通常用於表示主語,但在判斷句中,[が]只在疑問詞是主語的問句及其答句中表示主語

例: どのぺんが王さんのですか。 ---> このぺんが王さんのです。

格助詞[が]编辑

格助詞[が]接在體言之後,除了可以作為主格助詞、表示主語之外,還常常用在描寫句中,表示形容詞、形容動詞所描述的對象,故又稱「對象格」。

例: 李さんは日本語が上手だそうです。/聽說小李日語挺棒。

接續助詞[が]编辑

接續助詞[が]接在各類活用詞終止形(簡體、敬體均可)後,起兩種語法作用,一種表示逆接(轉折)關係,意為「雖然…但是…」,另一種表示順接關係,起有機連接前後句的作用。

例: 病気でしたが、もう大丈夫です。/雖然病了一場,但已經不要緊了。(逆接)
   こちらは小林さんですが、こちらは鈴木さんです。/這位是小林先生,這位是鈴木先生。(順接)

領格助詞[の]编辑

[の]表示所屬,為「的」之意

例: 日本語クラスの先生は小林先生です。

終助詞[か]编辑

[か]接在句末,表示疑問,相當於漢語的「嗎」,「呢」之意

例: きのうは金曜日でしたか。

提示助詞[は]编辑

接否定式[ない.(あり)ません]之前,加強否定語氣。

例: 少しも寒くはありません。/一點也不冷。

接續助詞[から]编辑

接活用詞終止形(簡體敬體均可)之後,表示因果關係。

例: 甘いですから、おいしいです。/因為甜,所以好吃。

補格助詞[より]编辑

[より]接在體言後,表示肯定的比較對象,以為「比」。

例: りんごはみかんより甘いです。/蘋果比橘子甜。

副助詞[ほど]编辑

[ほど]接在體言後,表示否定的比較對象,意為「(不)比…」、「沒有…那麼…」

例: 李さんは王さんほど高くはありません。/小李沒有小王(那麼)高。

終助詞[ね][よ]编辑

終助詞又稱感嘆詞,接在句子末尾,增添某種語感、語氣。[ね]主要用於表示感嘆、贊同或質疑,[よ]主要用於提示、告知等場合。

例: あついね。/好熱呀!
   あついよ。/很熱的呀。

傳聞助動詞[そうだ]编辑

[そうだ]可以接在各類活用詞終止形後,表示傳聞,其敬體形式為[そうです],意為「(第一人稱)聽說…」

例: きのう、李さんは休みだったそうです。/聽說昨天小李休息了。

補格助詞[に]编辑

[に]接在表示場所的體言後,表示存在的場所,意為「在」。

例: 病院は銀行のとなりにあります。/醫院在銀行旁邊。
   テーブルの上に果物があります。/在桌上有水果。

[に]接在名詞或動詞連用形之後,且後續意為「來、去」的動詞(如:[行く]、[來る]…)時,表示來去的目的。

例: あした、旅行りょこうに行きます。/明天去旅遊。
   テレビを見にかえりました。/回來看電視。

[に]接於時間名詞之後,表示時間點,意為「在」。

例: 十時じゅうじに休みます。/(在)晚上十點鐘休息。
   日曜日に部屋を掃除します。/在星期天打掃房間。

副助詞[か]编辑

[か]接在疑問詞後,表示不確定,意為"某(些)"、「若干」。

例: 部屋にだれかいます。/房間裡有人。
   犬はどこかにいるでしょう。/狗大概(躲)在什麼地方了。

並列助詞[と]编辑

[と]接於體言之後,表示並列,意為"和"。

例: もりさんと田中さん(と)は居間にいます。/森和田中在客廳裡。

副助詞[や]编辑

[や]介於體言之間,表示含言外之意的列舉,意為"…啦…啦…(等等)"。

例: 台所に冷蔵庫れいぞうこ電子でんしレンジがあります。/廚房裡有冰箱啦微波爐等等。

同位格[の]编辑

[の]可以介於兩個互為同位成分的體言之間,表示同位語。

例: 一年生の鈴木さんはわたしの友だちです。/一年級學生鈴木是我的朋友。

敬體助動詞[ます]编辑

[ます]接在動詞的連用形後,構成動詞的敬體形式。

例: 行く ---> 行きます
   ある ---> あります
   いる ---> います
   迎える ---> むかえます
   くる ---> きます
   する ---> します

[ます]的常用形式有五種,即:
ます(肯定式)
ました(過去肯定式)
ません(否定式)
ませんでした(過去否定式)
ましょう(推量式,表示勸誘、意志等)

例: あした、日本語の試験を受けます。/明天要考日語。
   きのう、買い物をしました。/昨天買了東西。
   忙しいから、テレビを見ません。/因為太忙了,所以不看電視。
   食事しょくじをしませんでした。/沒有吃飯。
   いっしょにお正月を迎えましょう。/我們一起過年吧。

賓格助詞[を]编辑

介於體言和他動詞之間,表示他動詞的賓語。

例: 卵や肉を買いました。/買了蛋和肉(等東西)。
   部屋の掃除をしません。/不打掃房間。

賓格助詞[で]编辑

接在體言之後,表示動作的場所,意為「在」。

例: 映画館で映画を見ます。/在電影院看電影。
   スーパーで買い物をしました。/在超市買了東西。

接在體言之後,表示行為動作的方式、方法、手段、工具等,基本意義為「用」,翻譯時要靈活處理。

例: 車で友だちを迎えます。/開車接朋友。
   ペンできます。/用鋼筆寫。

過去完了助動詞 [た]编辑

[た]接在五段動詞音便形、其它動詞連用形、以及形容詞連用形(かっ)、形容動詞連用形(だっ)後,表示過去時態或完成時態的簡體形式。

助動詞[た]本身也有活用變化,但在現代日語中常用的僅有三種:終止形、連體形、假定形。

出了這三種活用形外,偶爾可見[た]的推量形[たろう]的用法,但現在通常用終止形[た]後續[だろう]、[でしょう]的形式表示推測。

例: 分かったろう ——〉 分かったでしょう/明白了吧。
   きのう寒かったろう ——〉 きのう寒かったでしょう/昨天冷吧。

[た]的終止形编辑

即[た]的原形,表示簡體過去完了時態。可用於結束句子,但更多的是用於後續助詞、助動詞,為句子增添某種意義。

例: もう忘れた。/已經忘了。
   すっかり疲れたから、休んだ。/(因為)累極了,所以休息了。
   李さんはもう行ったでしょう。/小李已經去了吧?

[た]的連體形编辑

亦為[た]的原形,用於修飾體言,作定語,亦可後續某些助詞。

例: 目が覚めた時、もう朝だった。/醒來時,已經是早上了。
   私が行った時、田中さんはあそこにいた。/我去的時候,田中先生已經在那了。

[た]的假定形[たら]编辑

[た]的假定形為[たら],其後可以接[ば],但通常省略。[たら]所表示的假定條件,往往有強調以前項成立為前提的內涵,意為「倘若…(實現了)之後的話,…」。

例: ご飯ができたら、呼んでください。/(倘若)飯好了(的話),請叫我。
   聞いたら分かるでしょう。/(倘若)問了(的話)就會明白的吧。
   東京とうきょういたら、電話をください。/到了東京之後請來電話。

接續助詞[て]编辑

[て]接在五段動詞的音便形、其它動詞連用形、以及形容詞連用形[く]之後,可以表示並列、承上啟下、先後、因果等多種關係,用法十分廣泛。

例: このみかんは甘くてすっぱいです。/這種橘子又甜又酸。(並列)
   あのぶどうは甘くておいしいです。/那種葡萄又甜又好吃。(並列)/那種葡萄很甜,所以好吃。(因果)
   このりんごは甘くておいしいです。/這種蘋果又甜又好吃。
   マーケットに行って買い物をしました。/去集市買了東西。
   疲れて行きませんでした。/因為累了,所以沒去。

補助動詞[て]编辑

[て]還可以介於兩個動詞之間,使後一個動詞作前一個動詞的補助動詞,增添某種意義。

補助動詞[ている]编辑

[ている]接在動詞連用形(五段動詞音便形)之後,可以表示正在進行時態,意味「正在…」。

例: 李さんは新出語を覚えています。/小李正在記生詞。
   コーヒーを飲んでいる人は課長かちょうです。/正在喝咖啡的人是科長。

當[ている]接在自動詞後時,除了可以表示正在進行時態外,還可以表示狀態的持續,意為「(還)…著」。具體判別根據前後句意義。

例: 友だちは日本に行っています。/朋友正在去日本(的途中)。/朋友已經去了日本,並且還在日本呆著。
   起きています。/正在起床。/還起來著呢,還沒睡呢。

補助動詞[てみる]编辑

[てみる]接在動詞連用形(五段動詞音便形)後,表示某種嘗試,意為「試著(做)」、「…試試看」。

例: 日本のお茶を飲んでみました。/品嚐了日本茶。
   AとBとを比べてみました。/把A和B(試著)作了一個比較。

接續助詞[と]编辑

[と]接在動詞終止形後,可以表示動作繼而發生,意為「一…就…」;亦可表示輕微假設,意為「如果…就…」。

例: 春になると、暖かくなります。/一到春天,天氣就暖和了。/如果到了春天,天氣就會變暖。
   バスが来ると、みんな乗りました。/公共汽車一來,大家就都上去了。

補格助詞[に]编辑

[に]介於體言和表示變化之意的動詞之間,表示變化的結果。

例: 小林さんは先生になりました。/小林當了老師了。
   ゆきみずわりました。/雪變成了水。

補格助詞[から]编辑

[から]接於體言之後,表示來源、起點、意為「從…(開始)」。

例: 林さんも森さんも日本から来ました。/林和森都來自日本。
   会社かいしゃ九時くじからです。/公司從九點開始上班。

否定助動詞「ない」编辑

否定助動詞「ない」接在動詞未然形後,構成簡體的否定式。

如: 思う → おもわ•ない / 不想
   栄える → さかえ•ない / 不興旺
   頼る → たよら•ない / 不依賴

否定助動詞「ない」的活用變化屬形容詞型,共五種,即:連用形、連體形、終止形、假定形、推量形。如下所示:

連用形编辑

連用形有兩種形式:「く」形和「かっ」形,即:

ない → なく(後續某些動詞、連續助詞「て」等)
ない → なかっ(後續過去完了助動詞「た」等)

例: 咲く   →   さか•ない   →   咲かなかった / 沒有開花
                    →   咲かなくなった / 變得不開花了
   思う   →   おもわ•ない  →   思わなかった / 沒想到
   行く   →   いか•ない   →   行かなくてもいい / 即使不去也行

連體形编辑

即「ない」的原形,用於做定語或後續某些助詞。

例: 来る → こ•ない → 来ない人 / 不來的人
   食べる → たべ•ない → 食べないもの / 不吃的東西

終止形编辑

亦為「ない」的原形,用於結束句子或後續某些助詞、助動詞。

例: 花が咲かない / 花不開放。
   使わないから、買わない / 因為不用,所以不買。
   あの人は英語ができないでしょう / 他大概不會英語吧。

假定形编辑

ない → なけれ+ば / 如果不…的話

例: 李さんが行かなければ、わたしもいかない。 / 小李如果不去的話,我也不去。
   分からなければ先生に聞いてください。 / 如果不懂的話,請問老師。

推量形编辑

ない → なかろ+う / 大概不…吧

例: 小林さんは行かなかろう。 / 小林大概不去吧。

事實上,現代日語中已基本不用「…なかろう」形式,而採用終止形「ない」後續「でしょう•だろう」等形式。

例: 小林さんは行かないでしょう。 / 小林大概不去吧。
   きょう、あめらないでしょう。 / 今天不會下雨吧。
   あの人はここに住んでいないだろう。 / 他不住在這吧。

判斷助動詞「である」编辑

日語中表示「是」之意的判斷助動詞有三個,即「だ」、「です」、「である」。「だ」是簡體,「です」是敬體,「である」是書面體。

「である」的活用部分為「ある」,與存在動詞「ある」的活用基本相同,常用形式如下表所示。

簡體     使用場合          敬體        使用場合
______________________________________________________________________________
ではない   口語書面語(否定式)   ではありません   口語
であった   書面語(過去時)      でありました    鄭重場合的發言用語
であり    書面語(中頓形)
である    書面語(終止形連體形)  であります     鄭重場合的發言用語
であれば   書面語(假定形)
であろう   書面語(推量形)
でもある   書面語           でもあります    口語、發言用語(表示同一主語的兼提事項)

例: あしたははれではないでしょう。 / 明天不是晴天吧。
   こちらは工場であり、あちらは学校であった。 / 這裡曾經是工廠,那裡曾經是學校。
   雨であれば運動会は中止する。 / 如果下雨,運動會就不開了。
   みなさんも分かるであろう。 / 諸位大概都明白了吧。
   あのかた学者がくしゃでもあり、政治家せいじかでもあります。 / 那位既是學者,也是政治家。

補格助詞「と」编辑

「と」與表示思考(思う•考える…)及稱謂(言う•話す…)的動詞一起使用時,表示思考及稱謂的內容,相當於漢語中的冒號或引號。

例: 「さようなら」と言いました。 / 說了聲「再見」。
   あしたは晴れだろうと思います。 / 我想明天大概是晴天吧。

補助動詞「(て)いく」、「(て)しまう」编辑

…(て)いく编辑

「(て)いく」接在動詞連用形(五段動詞音變形)後,表示漸遠的趨勢。意為「…(下)去」。

例: 飛行機が飛んでいった。 / 飛機飛遠了。
   冬になると、寒くなっていきます。 / 一到冬天,天就漸漸變冷。

…(て)しまう编辑

「(て)しまう」接在動詞連用形(五段動詞音便形)後,表示動作的徹底完結,多數場合伴有「不可挽回」之內涵。一般譯意為「…完」、「(糟了),…」。

例: この本はもうんでしまいました。 / 這本書已經讀完了。
   あのことはすっかり忘れてしまいました。 / 糟了,那事我全忘光了。

表示假定的助詞及助動詞「ば•と•なら•たら」编辑

接續助詞「ば」编辑

「ば」是專門用於表示假定條件的接續助詞,接在各類活用詞的假定形後。即:

形容詞 ~い → ~けれ + ば

例: おいしければ食べます。/如果好吃的話就吃。
   よければ買います。/ 如果好的話就買。

形容動詞 ~だ → ~なら + (ば)

例: 好きなら(ば)、持っていきなさい。/ 如果喜歡的話就拿去吧。
   便利なら(ば)、いいですね。/ 如果方便的話就好了。

動詞 ~「う」段假名 → ~「え」段假名 + ば

例: 冬になれば、寒くなります。/ 如果到了冬天就會變冷。
   読めば、分かります。/ 如果讀了的話就會懂。

接續助詞「と」编辑

「と」接在動詞肯定式或否定式的原形之後,可表示假定條件。

例: 冬になると、寒くなります。/ 如果到了冬天就會變冷。
   謝らないと、いけません。/ 如果不道歉是不行的。

助動詞「なら」编辑

「なら」是判斷助動詞「だ」的假定形,其後續的「ば」通常省略,意為「如果是…的話」。 是虛擬假定、和確認假定。

例: 学生なら、よく勉強しなければなりません。/ 如果是學生的話,就必須努力學習。
   晴れなら、出かけます。/ 如果是晴天的話就外出。

助動詞「たら」编辑

「たら」是過去完了助動詞「た」的假定形,其後續的「ば」通常省略,意為「如果…(了)的話」、「(如果)…之後(的話)」。

例: 大学にいたら、電話をください。/ (如果)到了學校(的話),請來個電話。(或:到了學校之後,請來個電話。)
   疲れたら休みましょう。/ 累了的話,休息一下吧。

否定助動詞「ぬ(ん)」编辑

「ぬ(ん)」是否定助動詞「ない」的文語形式。與「ない」一樣,「ぬ(ん)」接在動詞的未然形後。但「サ」變動詞時必須接在未然形「せ」之後。如:

(五段動詞)行く → いかない → いかぬ(いかん)/ 不去
      買う → かわない → かわぬ(かわん)/ 不買
(一段動詞)見る → みない → みぬ(みん)/ 不看
      考える → かんがえない → かんがえぬ(かんがえん)/ 不考慮
(カ變動詞)くる → こない → こぬ(こん)/ 不來
(サ變動詞)する → しない → せぬ(せん)/ 不做,不干

「ぬ(ん)」現存四種活用形式,即:連用形、終止形、連體形、假定形,如表所示。

活用形     活用形式     主要用法
__________________________________________________________________________
連用形     ず        以「ず」或「ずに」形式作連用修飾語
終止形              終止句子;後續某些助詞、助動詞
連體形     ぬ•ん      後續體言,作定語;後續某些助詞
假定形     ね        後續「ば」,構成假定條件

例: ご飯も食べずに寝た。/ 飯也不吃就睡了。
   由美子ゆみこさんは知らん顔をしています。/ 由美子佯裝不知。
   学生ならよく勉強せねばならん。/ 如果是學生的話,就必須好好學習。

樣態助動詞「そうだ」编辑

「そうだ」可用於表示事物的狀態,通常譯作「似乎…」、「像…(樣子)」;接在動詞之後時常有「幾乎(馬上)就要…」之意。其接續方式如下。

動詞連用形 |-> そうだ(そうに•そうな•そうで)
形容詞•形容動詞詞幹 |

(特例: よい•ない → よさ•なさ + そうだ)

例: よさそうな本を買いました。/ 我買了一本(似乎)挺好的書。
   山田さんは、元気そうですね。/ 山田先生(看上去似乎)挺精神的。
   雨が降りそうになりました。/ 變天了,馬上就要下雨了。

樣態助動詞「そうだ」的否定式比較特別,常用形式有「…そうもない」、「…そうにない」、「…そうにもない」,意為「一點沒有…樣子」、「根本不像…樣子」。當「そうだ」接在形容詞、形容動詞之後時,有時亦可用「…そうではない」表示否定。

例: 雨が降りそうもありません。/ 一點沒有要下雨的樣子。
   李さんは行きそうにありません。/ 小李根本不像要去的樣子。
   この辺りは靜かそうではありません。/ 這一帶似乎不安靜。

補格助詞「まで」编辑

接體言後,表示終點,意為「到…(為止)」

例: 夏休みは七月から八月までです。/ 暑假從七月到八月。
   一人で北海道ほっかいどうまで行きました。/ 一個人一直到了北海道。

副助詞「だけ」编辑

接體言後,意為「只,僅」

例: 部屋に王さんだけいます。/ 房間裡只有小王一人。
   あさ、パンだけ食べました。/ 早上只吃了面包。

副助詞「でも」编辑

接體言後,表示讓步條件,意為「即使…也…」

例: 子どもでも知っています。/ 即使小孩子也知道。
   今からでもおそくはありません。/ 即使從現在開始也為時不晚。

此外,「でも」與疑問詞呼應時,表示全面的肯定,意為「無論…都…」。

例: だれでも知っています。/ 無論誰都知道。
   どこへでも行きます。/ 無論哪都去。

接續助詞「のに」编辑

接用言連體形後,表示反常的逆接條件,意為「儘管…卻(偏偏)…」。

例: 病気なのに、薬を飲みません。/ 儘管有病,卻不吃藥。
   寒いのに、薄着うすぎをしています。/ 儘管很冷,卻穿得很少。

補助動詞「(て)くる」、「(て)おる」编辑

…(て)くる编辑

接動詞連用形(五段動詞音便形)之後,表示漸進的趨勢,意為「…(起)來」。

例: だんだん暖かくなってきました。/ 天氣漸漸暖和起來。
   本田ほんださんは毎日六時に帰ってくるそうです。/ 聽說本田每天六點回家。

…(て)おる编辑

接動詞連用形(五段動詞音便形)之後,表示含自謙內涵的正在進行時態,意為「正在…」。

例: 父は外出がいしゅつしております。/ 家父現在外出了。
   先生の本をいま読んでおります。/ 我正在拜讀先生的大作。

願望助動詞「たい」编辑

助詞「を」编辑

「を」通常作賓格助詞,表示他動詞的賓語。除此以外,「を」還有一個類似補格助詞的特殊用法,即用來表示含有「走」內涵的自動詞的移動場所。此時,「を」常可譯為「在」或「從」。

例: わたしは朝六時に家を出て会社へ行きます。 / 我早上六點從家裡出來,去公司上班。
   大学を出て会社に入リました。 / 從大學畢業後進了公司。
   飛行機ひこうきそらんでいます。 / 飛機在空中飛。
   砂浜を走っています。 /(我們)在沙灘上奔跑。

副助詞「くらい•ぐらい」编辑

接於數量詞後,表示概數,意為「大約…」、「…左右」。

例: 部屋には五人ぐらいいます。 / 房間裡有五個人左右。
   毎日八時間ぐらい仕事をします。 / 每天工作八小時左右。仕事(しごと)

復合助詞「までに」编辑

「までに」是由助詞「まで」與「に」復合而成,表示限定,意為「在…之前」。

例: 論文ろんぶん十日とうかまでに出さなければなりません。 / 論文必須在十日前交出。
   君が帰るまでにぼくは帰ってきます。 / 在你回來之前,我會回來的。君(きみ)

補格助詞「で」编辑

「で」接體言之後可表示原因,意為「因…」。

例: 風邪で学校がっこうを休んでいます。 / 因感冒沒上學。
   病気で入院にゅういんしています。 / 因病住院。

補格助詞「と」编辑

「と」接在有序排列的數量詞及某些名詞群後,表示某種有序的狀態。

例: 二回にかい三回さんかいと、回をかさねています。 / 兩次、三次,反覆做。
   北海道ほっかいどう本州ほんしゅう四国しこく九州きゅうしゅうと、きたからみなみへ行く。 / 北海道、本州、四國、九州,一直從北走到南。

終助詞「な」编辑

「な」接在句末,表示感嘆。口語中常見「なあ」形式。

例: 行きたいなあ。 / 真想去呀!
   雨が降るかな。 / 會下雨吧?

補助動詞「(て)ある」编辑

接他動詞連用形(五段動詞音便形)後,表示他動詞的存續態,意為「…著」、「…有」。此時句中賓格助詞「を」應改為主格助詞「が」。

例: つくえの上に本がたくさんいてあります。 / 桌上放著許多書。
   電気でんきがつけてあります。 / 燈開著。

表示時間點概數的「ころ•ごろ」编辑

「ころ」接於(時間點)名詞加「の」之後,「ごろ」直接接在(時間點)名詞之後,表示大概的時間點。意為「在…(點)左右」。

例: 会社は九時くじごろはじまります。 / 公司九點左右開始上班。
   子供のころ、よく映画を見たものです。 / 小時候經常看電影。

補助動詞「(て)おく」编辑

「ておく」接動詞連用形(五段動詞音便形)後,表示事先準備,意為「事先…」。

例: 友だちが来るから、部屋をきれいに掃除そうじしておきました。/ 因為朋友要來,所以事先把房間打掃乾淨了。
   試驗があるから、複習ふくしゅうしておいてください。/ 要考試了,請(預先)複習。

當「ておく」與「まま」或「収める,しまう,おく」等表示「原樣不動」或「收藏、收拾、放置」之意的詞呼應使用時,便帶有「置之不理、束之高閣」的內涵。

例: 机の上のものはそのままにしておいてください。/ 桌上的東西請保持原狀(不要動)。
   大事だいじなものですから、しまっておきましょう。/ 這是很重要的東西,把它收好吧(好好保存)。

補格助詞「に」编辑

「に」接在某些體言之後,可以表示目的,意為「為了…」。

例: お祝いに、お花をあげるつもりです。/ 為了表示祝賀,打算送上鮮花。
   れいに、禮状れいじょうを出しました。/ 為了表示感謝,寄出了感謝信。

樣態助動詞「ようだ」编辑

「ようだ」可以接在用言連體形後,也可以接在「體言 + の」之後,意為「好像…(一樣)」。

「ようだ」的活用變化與形容詞相同,常用形式有:終止形(原形)、連體形(ような)、連用形(ように)、中頓形(ようで)等。

例: 李さんは疲れたようですね。 / 小李好像累了。
   このかわふかいようで、あぶない。 / 這條河好像很深,危險。
   田中さんは元気なようですね。 / 田中先生好像身體不錯。
   私の言うようにしてください。 / 請像我說的那樣做。
   王さんのようなテレビがほしい。 / 我想要一台像王先生那樣的電視機。

副助詞「ほど」编辑

接體言後,表示大致的程度,意為「相當於…程度」、「大約…(左右)」。

例: あれは十日とうかほど前のことでした。/ 那是大約十天前的事了。}}
   目は口ほどに物を言う。/ 眼像嘴一樣會說話(會傳神)。

副助詞「さえ」编辑

接體言後,表示程度之甚,意為「(甚至)連…都…」。

例: 病気で水さえ飲むことができない。/ 病得甚至連水也不能喝。
   子どもさえ知っています。/ 連小孩子都知道。

接續助詞「ながら」编辑

「ながら」有兩種用法,一為順接,一為逆接。表示順接時,「ながら」接在動詞連用形後,表示行為動作的同時進行,意為「一邊…一邊…」。

例: お茶を飲みながら、新聞を読んでいる。/ 邊喝茶邊看報。

表示逆接關係的「ながら」,可以後續揭示助詞「も」,以加強轉折語氣,其接續範圍亦較廣。如下所示:

存在動詞連用形(あり•い)             |
動詞 + ている的連用形(てい)          |
判斷助動詞「である」的連用形(であり)      |-> + ながら(も)
形容詞原形                  |
形容詞詞幹•名詞               |
稱謂•思維動詞(言う•思う•考える•感じる)連用形    |

表示逆接關係的「ながら」預感強烈,意為「儘管…卻…」。

例: 時間がありながら、勉強しません。/ 儘管有時間,卻不學習。
   知っていながら、知らないと言っている。/ 儘管知道,卻說不知道。
   病気でありながら、休みません。/ 儘管有病,卻不休息。
   このりんごは大きいながら、あまり甘みがない。/ 這種蘋果儘管挺大,可卻沒什麼甜味。
   残念ながら、忙しくて行くことができません。/ (儘管)很遺憾,(可卻)忙得沒法脫身(不能去)。
   「いけない」と思いながらも謝りませんでした。/ 儘管認為自己不對,卻沒有道歉。

接續助詞「ので」编辑

接用言連體形後,表示客觀自然的因果關係,意為「因為…所以…」。

例: 病気なので、薬を飲んでいます。/ 因為生病,所以在服藥。
   寒いので、窓をしめました。/ 因為冷,所以關上了窗。

並列助詞「し」编辑

接用言終止形後,表示並列關係,意為「既…又…」,常與提示助詞「も」呼應使用。

例: この花はきれいだし、安いし、たくさん買いました。/ 這花又好看,又便宜,所以買了很多。
   お茶もないし、ジュースもないし、水しかありません。/ 既沒有茶,也沒有果汁,只有水。

接續助詞「きり」编辑

接體言或動詞(動作動詞一般用「~た」形)之後,表示限定,意為「僅…」、「只…」。

例: 今の試験に合格したのはにんきりです。/ 此次考試合格的僅為四人。
   あの人とは三年前に会ったきりです。/ 和他僅在三年前見過一面。
   あれは机一つあるきりの部屋です。/ 那是一個僅有一張桌子的房間。

補格助詞「へ」编辑

「へ」接於體言後,表示方向性。

例: 日本へ留学に行きます。/ 到日本去留學
   これは母への手紙です。/ 這是寫給媽媽的信。